フィッシング詐欺とネットショップ詐欺の手口と注意点を解説いたします。

ネット上でのクレカ詐欺

 

クレジットカードを利用した詐欺師のイメージ

クレジットカードはカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報があれば、インターネットを通じて決済できます。
Amazonなどの大手ECサイトを通じて、クレジットカードのオンライン決済を利用した経験を持っている方も多いでしょう。
こうしたネット上で支払いをできるという特性から、ネット上のクレカ詐欺が増加しています。
特に被害が多い「フィッシング詐欺」「ネットショップ詐欺」の手口と注意点をご覧ください。

 

 

フィッシング詐欺

 

フィッシング詐欺はカード決済に必要な情報をネット上で聞き出して不正利用する詐欺行為です。
主に大手サービスや公的機関を装った偽サイトを作成し、メール等を通じて偽サイトへ誘導してカード情報を不正に送信させます。
公式サイトと見た目がそっくりになった偽サイトを作っているので、URLなどを元に偽サイトか見極めましょう。

 

手口の一例

 

カード会社を装う

クレジットカード会社を装ったメールで、「不正利用された恐れがあるのでカード会社を見直してください」などのメールが届く。
メールに添付されたURLから偽サイトへアクセスすると、まずは本人確認でカード情報を登録するように案内される。

 

架空請求を通じた詐欺

SNSやアダルトサイトなどのリンクから詐欺グループのサイトにアクセスすると、「有料会員登録完了。直ちにカード決済で支払いをしてください」などの画面が表示されます。
さらに、即決済しないと利息の発生や家族・勤務先へ連絡すると脅す文面を用意しているケースが多いです。
架空請求に応じてカード決済すると決済額の損失だけではなく、盗み取られたカード情報を悪用されて被害が拡大します。

 

その他の事例

公的機関・給付金関連・携帯会社・スマホのOS会社(Apple・Google)・金融機関・大手ECサイトを装うなど幅広い事例と手口があります。
昨今は特別定額給付金に関連したフィッシング詐欺が増加していて、クレジットカードではなく銀行口座情報を要求されるケースも多いので注意してください。

 

 

こんな時は要注意

カード決済以外のシーンでは、クレジットカードのセキュリティコード・暗証番号を要求されることはありません。

 

クレジットカード利用のポイント  情報確認でクレジットカード情報の確認を求められ、セキュリティコードや暗証番号の入力を求められた場合は大半が詐欺です。

 

また、有効期限切れなどネット上の手続きでカード情報の再送信を求める場合は、必ず現在登録しているカード情報が表示されます。(一部は×××などの伏せ字)
公式サイトを装ったメール・サイト誘導等でカード情報の入力を求められたら、既に登録しているカード情報を把握したのか確認してください。
少しでも不安を感じたらURLのチェックを行い、それでも不安があれば電話等で間違いがないか問い合わせてみましょう。

 

電話で問い合わせする際は、表示中(フィッシング詐欺の疑いがある)のサイトに記載された電話番号ではなく、再度ネット検索などを通じて公式サイトにアクセスし直して、そこに記載がある電話番号へ問い合わせてください。

 

 

ネットショップ詐欺

 

ネットショップ詐欺は、実際に商品を販売する詐欺サイトを通じてカード決済をさせる詐欺行為です。
主に、

  • カード決済しても商品が届かない、もしくは偽物や粗悪品が届くケース
  • カード決済時に入力した情報を不正に入手してフィッシング詐欺のように悪用するケース

の2つの手口があります。
公式サイトや大手ECサイトに比べて極端に安い商品や、投資向け商材・PCソフトやアダルト関連など、大手ショッピングサイトでは扱っていない独自商品のネットショッピングは慎重に検討してください。

 

ネットショッピングは実績のある大手のみを利用することが望ましいですが、中小規模のネットショッピングサイトを活用する際は、実績を調べたり、サイトのセキュリティ(SSL通信など)の確認を行ったりしてください。
実績を調べる方法は、SNSなどの口コミ情報やサイトのドメイン取得日情報確認などがあります。

 

 

詐欺に引っかかった場合

 

詐欺に引っかかった時の対処法

詐欺に引っかかった場合は、すぐにカード会社へ連絡をしてください。
不正利用されて間もない時期であれば、カード会社の保険などで補償される可能性があります。
また、被害の拡大を防ぐ目的で、必ずカード番号・暗証番号の変更を行うようにしてください。
自覚のない中でカード情報を盗み取られるケースもあるので、少額のネットショップ詐欺であってもカード情報の変更は必ず行いましょう。