ブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことで、事故情報が登録された人をブラックと呼びます。

クレカの怖い話①支払い延滞

クレジットカードの支払いを延滞すると、ブラックになって新規の借入やカード発行の審査に通らなくなってしまいます。
クレジットカードの利用履歴は信用情報機関を通じて他の業者にも共有されてしまうので注意しましょう。
支払いを遅延してしまいそうな場合は、期日前にカード会社へ連絡してリボ払いに変更することでブラックになるのを回避できる場合があります。

 

 

そもそもブラックって何?

 

ブラックとは

ブラックとは借金できないブラックユーザーの俗称で「ブラックリストに載った人」と表現されることもあります。
実際の所はブラックユーザーだけを名簿にしたブラックリストは存在しませんが、支払い遅延を起こすと信用情報機関の事故情報に登録されます。
つまり、ブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことを指し、新規借入が困難だと判断される事故情報が掲載された人をブラックと呼びます。

 

信用情報機関とは

 

信用情報機関は借入やクレジットカードなどの金融系サービスの利用履歴を管理するものです。
現在、国内には消費者金融などが利用するJICC、クレジットカードなどが利用するCIC、銀行が利用するJBAの3種類がありますが、信用情報機関同士でも情報の共有をしています。
つまり、クレジットカードの支払い遅延を起こすとCICの事故情報に登録され、自動的にJICCとJBAにも反映されます。
なお、信用情報機関はこのほかにも借入状況や支払いの履歴なども記録されています。

 

クレジットカードのキャッシング機能や消費者金融など貸金業法に基づく貸付サービスは、年収の3分の1までしか利用できない規制があります。(総量規制)
金融機関は信用情報機関を通じて他社の利用状況を確認した上で、融資やクレジットカード、カードローン発行の審査を行っています。
なお、消費者金融からの借入や複数枚のクレジットカードを発行している人は、キャッシング機能を付けないことで審査が通りやすくなります。

 

1回の支払い遅延でブラックになるの?

 

クレジットカード支払い遅延とブラックについて説明する人

信用情報機関によって表示方法が異なりますが、一般的に1回の支払い遅延でも履歴が残りますが、3ヶ月以上の長期遅延になると重たい事故として掲載されます。
1回の支払い遅延の場合は、手続きの不備の影響を受けているケースもあるので、1回のみの支払い遅延で遅延分の支払い済みならブラックにはなりません。
短期の支払い遅延を繰り返している場合は、金融機関によって対応が変わっています。
長期遅延を起こしている場合や、債務整理など重大な事故情報があると、どこの金融機関やクレジットカードも審査が通らなくなってしまいます。
少額かつ短期的でも遅延分の支払いが完了していない場合はブラック扱いになります。
ちなみに、信用情報機関の掲載期限は自己破産を除いて5年なので、最後の支払い遅延などの事故情報掲載履歴から5年経過すればリセットされます。
なお、信用情報機関の事故情報は支払いの問題以外にも、規約違反による強制解約や利用停止の情報も残り、支払いに問題なくても利用規約違反を起こすと不正するユーザーだと判断されてブラックになってしまいます。
クレジットカードの場合は、ショッピング枠を現金化する目的で不正な決済を行ってブラックになってしまうトラブル事例が多いです。