クレジットカードが利用停止になると、信用情報機関を通じて金融機関に情報が共有されます。

クレジットカード利用停止になったら

クレジットカードが利用停止になるのは、主に支払いの長期遅延や利用規約に違反した場合です。
利用者からの申し入れではなくカード会社の判断で利用停止になることを「カード事故」と呼び、借金を踏み倒したり債務整理をしたりするのと同じような状況になります。
また、カードが利用停止されるとスマホ代や光熱費などの各種支払いが滞ってしまうケースもあります。
万一利用停止になったら、カード払いしていたものを払込票や口座振替に変更する手続きを取りましょう。

 

 

カード利用停止になったら決済済みの支払いはどうなるの?

クレジットカードが利用停止になったらどうなる?

クレジットカードは万一利用者が支払いをしなかった場合でも、カード会社から決済をした加盟店に支払いが行われます。
つまり、カード決済した後に支払い先から請求を受けることはありません。
お店側が手数料を取られる中でカード決済を扱うのは、売上アップに繋がるだけではなく後払いのキャッシュレス決済でも確実な支払いをカード会社が保証してくれるからです。

 

決済済みの支払いは基本的にはカード会社からまとめての請求になりますが、長期遅延を起こすと債権をカード会社が債権回収業者へ売却してしまうことがあります。
債権回収業者も正規業者なので、家の前で大声を出すなどの迷惑行為はしませんが、支払いをしないとすぐに法的措置を講じてきます。
債権回収会社からの督促を受けていて支払いができない場合は、債務整理を得意にしている法律事務所に相談するなどして先手を打つと、訴訟や給与などの差し押さえを回避できる場合があります。

 

カードを使えないことで起こる様々な弊害

 

使えないと不便なクレジットカード

クレジットカードが利用停止になっても、現金払いや銀行振込・口座振替で各種支払いを対処すればいいと簡単に考える人がいます。

 

しかし、クレジットカードが利用停止になると以下の弊害が発生します。

 

  • ブラック扱いになってローンの審査に通らなくなる
  • カード支払い限定サービスを利用できなくなる(格安SIM、一部のネットプラバイダ、スポーツジムの会費、Webサービスなど)
  • 海外旅行や海外出張が不便になる(旅行保険がない、海外で現金決済しか利用できないなど)
  • クレジットカードを保有していないことで世間体が悪くなる(社会人ならクレジットカードを保有しているのが一般的)
  • ETCを利用できなくなる(タイムロスが多い、割引がない、スマートICを利用できないなど)
  • ネット通販の使い勝手が悪い(店舗購入に依存すると生活コストが上がる)

支払い遅延や規約違反で利用停止になると、信用情報機関を通じて他の金融機関やクレジットカード会社に情報が共有されてしまいます。
そうなると、新しくクレジットカードを発行するのも難しくなり、場合によっては途上審査によって他のクレジットカードも利用停止になってしまうことがあります。
1枚のクレジットカードの利用停止によって、人生設計や生活環境が大きく変わってしまうこともあるので注意しましょう。

 

利用者が気をつけるべきこと